オフィスを食育する。PART-1

 

 

食育と健康管理で仕事力アップ!

 

企業が従業員の健康増進のために行うさまざまな工夫のことを

「ワークサイト・ヘルス・プロモーション」

といいます。

たとえば

  • 社員のための簡単なスポーツジムを社内に設置する
  • 社員食堂(カフェテリア)をヘルシーメニューにする
  • スポーツ・インストラクターが社内を巡回し、職場みんなで体操する
  • 食生活や健康に関するセミナーを社内で実施する

などが、「ワークサイト・ヘルス・プロモーション」です。

 

また、上に挙げた

  • 社内スポーツジム
  • 社員食堂のヘルシー化、
  • 健康スローガンのパンフレットやポスター、
  • インストラクターの体操巡回
  • 健康セミナー

などをセットにして実施することを

「健康プログラム(ウエルネス・プログラム)」

と呼ぶこともあります。 

 

アメリカでは、

  • 不健康な社員が増えると、会社の業績も落ちる
  • 逆に、不健康な社員が減れば、会社の業績は上がる

と考えられています。

 

そのため、1990年代以降、わざわざ会社が費用を払ってワークサイト・ヘルス・プロモーションを実施することが多くなってきました。

 

リーマン・ショックによる経済不況でワークサイト・ヘルス・プロモーションはいっとき下火になったようですが、最近になってふたたび導入企業が増えてきました。

 

ワークサイト・ヘルス・プロモーションを導入する企業があるということは、そうした企業に健康プログラム(ウエルネス・プログラム)を販売する企業もあるということです。

 

たとえば、

  • 社内スポーツジムのための設備を納入する企業
  • 社員食堂(カフェテリア)のメニュー改善を提案する企業
  • 健康パンフレットや健康ポスターを制作するデザイン会社
  • 巡回スポーツ・インストラクターを派遣する企業
  • 食や健康に関するセミナーを企画したり、講師を派遣したりする企業

などです。

 

逆に、健康プログラム(ウエルネス・プログラム)を他社から買うことをせず、自社で独自に開発する企業もあります。

 

そのような企業や自治体では、健康プログラム(ウエルネス・プログラム)について深く学んだ人が

「ヘルス・エデュケーター」

として採用されるのがふつうです。

 

アメリカでの健康プログラム(ウエルネス・プログラム)のビジネスは、これからも伸びていくことでしょう。

 

日本でも、同様だと思われます(※)。

 

食育は、こうした健康プログラム(ウエルネス・プログラム)の要素の1つとして、重視されていくのではないでしょうか。

 

(※)日本では「健康経営」「健康投資」と言われます。