6次産業の専門家になる方法

 

6次産業とは

 

「農業の6次産業化」

という言葉があります。

 

よく使われる食育ビジネス用語です。

 

この言葉の意味は、

  • 農業(1次産業)
  • 製造業(2次産業)
  • 商業(3産業)

を、

1つの会社や団体、または複数の団体がコラボレートして一気に行うことを指します。

 

1社でやる場合は、

ナスを栽培

それを浅漬けに加工

インターネットで販売

 

複数の団体で行う場合は、

農業団体と酒造会社と居酒屋チェーンが提携

農業団体は有機栽培でブルーベリーを作る

酒造会社がそのブルーベリーでお酒を作る

→それを居酒屋チェーンが女性むけメニューとして使う

 

といった形になります。

 

農業だけやっているようではだめ。

もっと生活者に近づくべきだ。

そういう意志のあらわれでもあります。

ビジネスのありかたとしては、理にかなったものと言えるでしょう。

 

 

6次産業化の専門家になる方法

 

6次産業は、

  • 食による地域活性化
  • 食による街おこし、村おこし

といったテーマとよく一緒に語られます。

 

6次産業を上手に組み立てるには、

  • 農業・工業・商業の知識
  • 商品開発やサービス開発の力
  • マーケティングなどのビジネススキル
  • 関係者を上手に巻き込むコーディネートの力

など、さまざまな能力が必要になります。

 

 ▽ ▽ ▽

 

こうした能力を身につけるための教材として、以下のようなものがあります。

講座もあります。

 

 ▽ ▽ ▽

 

この分野で活動する足がかりとして、たとえば

「食の6次産業化プロデューサー」

のレベル認定を受ける、という方法があります。

 

また、

「食農連携コーディネーター(FACO)」

に登録する、という方法もあります