ブランドについて

食育ビジネスに関わる人たちの多くは

  • 自分自身
  • 自分の会社(自分の協会)
  • 自分の商品

 

のどれかをブランド化(ブランディング)したい、と思っていることでしょう。

むろん、そう思うのはたいへん良いことです。
ただし気をつけなくてはいけないことが1つ。


ブランド化することと、有名になることは必ずしもイコールではない、ということです。

飲食店にたとえると、


「全国あちこちにある、 ハンバーガーチェーン」

(有名。だれでも知っている)


「麻布十番でひっそりと 開店している、 隠れ家的な日本料理店」

(知る人ぞ知る。 ほとんどの人は知らない)

この両者がまったく違うものだ、ということと、似ています。

どちらが良い、悪い、ということはありません。

どちらを選ぶかは好みの問題です。

戦略が異なるだけです。

  • ハンバーガーチェーンのように有名になりたいのか
  • 麻布十番の日本料理店のようになりたいのか

自分の心の声によく耳を傾けて、ブランド化を進めていきます。