嫌いな人をターゲットに

パクチーや納豆は

「好き」「嫌い」

がはっきり分かれる食べもののように思われます。

僕は両方「大好き」ですが、知り合いのなかには

「パクチーは受けつけない」

「納豆だけはダメだ」

という人が少なからずいます。

 

それに比べてマヨネーズは、マヨラーという言葉がある通り、

「大好き」

な人がいて、そうでない人は

「ふつう」

なのではないかと思っていました。

つまり、嫌いな人はほとんどいないのではないかと…。

 

ところが…。

ところが、驚いたことに、
「世界のマヨネーズ嫌いのためのポータルサイト」
というものがあったのです。
HoldThatMayo.com

マヨネーズ嫌いは世界レベルで存在していたのですね。

 

 ▽ ▽ ▽

 

マヨネーズ嫌いのサイトですから、サイトの中はマヨネーズに否定的な意見であふれているわけですが、その中に、こういう記事もありました。
「Obama Hates the Mayonnaise !
(オバマ大統領は実はマヨネーズ嫌いだった)」

オバマ氏の写真も載っていますので、たぶん彼は本当にアンチ・マヨネーズ派なのでしょう。

また、このサイトでは、
「The Mayo Conspiracy(マヨネーズの陰謀)」
という映画までこしらえて、フィラデルフィア州の映画館で
上映会までしているようです。

マヨネーズ嫌いも徹底していますね。

 

 ▽ ▽ ▽

 

まあ、僕自身マヨネーズはわりと好きですので、このサイトにとくに共感するわけでもないのですが、

「何かが嫌いな人をターゲットにビジネスを考える」

というアイデアは面白いのではないかと思いましたので、このサイトをご紹介しました。