企業との契約のしかた①業務委託契約

あなたは農業を応援する面白いアイデアを思いつきました。

それを頭のなかでずっと温めていたとします。

 

何か月もいろいろ考えたことを、先日、企画書にしました。

この企画を実行しようとすると、準備にお金が必要です。

 

そこであなたは、知り合いでもある、とある小さな会社の社長さんに企画書を見せてみました。

すると、その社長が言いました。

「その企画、気に入りました。ぜひわが社で進めさせてください。

資金はわが社が出しますので、あなたが中心になって実行してもらえますか。

契約は、業務委託でどうでしょうか

 

 ▽ ▽ ▽

 

この場合のコラボのしかたは一般にはこうなります。

  • あなたは企業から毎月一定額の報酬をもらう
  • 利益が出たら、それは企業のものとなる

その企画が利益を生んでも生まなくても、あなたは一定の報酬がもらえます。

企業は、利益が出れば全部自社のものになりますが、出なければ損失を出します。

 

つまりリスクはすべて企業側が負担することになります。

その代わり、企業があなたに支払う報酬は、リスクの分だけ低くなるのが普通です。

 

「コンサルタント契約」 と呼ばれているものも、たいがいこの形式です。