助成金の食育ビジネス的な活用法

 

食育・食農の分野で何か企画や事業を進めたいけど、お金が必要。

でもスポンサーがいない…。

そんなとき、助成金や補助金にチャレンジするという方法もあります。

 

でも、自分ひとりでチャレンジするのは大変です。

出す書類は分かりにくいし書き方も複雑。

それに、あなた自身は講師をしたり、レシピを提供したりと、部分的に活動できれば

それでいいのに、助成金の場合は全体の事業計画まで作らなければなりません。

「推進体制」みたいなものも整えなくてはなりません。

かなり、うんざりです。

 

▽ ▽ ▽

 

そんなときは、別の誰かに助成金や補助金に主体的にチャレンジしてもらい、あなたはその人の事業のなかに自分の企画を組み入れてもらう…。

そういうやり方が無理なくおススメです。

 

「助成金の募集を見つけたので、チャレンジしませんか?」

と、興味のありそうな人(社長さんや理事長さん)に、あなたから提案してみてはいかがでしょうか。

助成金や補助金の募集は、ふだんから気をつけていないと発見できないので、見つけてあげると社長さんや理事長さんは

けっこう喜びます。

 

計画書は社長さんや理事長さんに作ってもらい、その中にあなたの役割も入れてもらい、首尾よく助成金が取れたらそこで仕事をする、という形です。