3C分析の使い方(4)

 

前回、「顧客を表す円」と「自分(自社)を表す円」を重ねてみました。

 

今回は、最後の

「ライバルを表す円」

をこれに重ねてみます。

 

右のようになります。

 

すると、色のついた部分(AおよびB)は、このように解釈することができます。

  • A=あなたが提供するサービスや商品は、顧客の要望と合致しているが、ライバルにはそれができない(真似ができない)
  • B=あなたが提供するサービスや商品は、顧客の潜在的な要望を満たしているがライバルにはそれができない(真似ができない)

 

この

  • あなたにはできる
  • ライバルにはできない
  • 顧客には喜ばれる

という3つの要素を満たすものを

「USP (Unique Sales Point)= ユニーク・セールス・ポイント」

「Core Competence=コア・コンピタンス」

などと言います。

 

この図を、ときどき頭に思い浮かべてみることをお勧めします。

自分のしていることを客観的に眺めるのに役立ちます。