エディブル・インセクト

 

はじめに。

”閲覧注意”な画像などはここには掲載していませんのでとりあえずご安心ください。

 

 ▽ ▽ ▽

 

エディブル・インセクト(Eddible Insect = 昆虫食。Entomophagy とも言います)のビジネスが、何かこう、海の向こうで発展しつつあるので、簡単にご紹介します。

 

日本の一般の人には心理的抵抗の大きい分野ですが、目立つ分野でもあり、雑な表現をすると

「勇気さえあれば、専門家のポジションを作りやすい」

そんな分野だと言えるでしょう。

 

 ▽ ▽ ▽

 

2013年に、国連の一機関であるFAO(食糧農業機関)が

「世界の食糧確保のために昆虫食を推奨する」

というレポートを発表しました。

それを1つのきっかけとして、先進国でも

「昆虫食メーカー」

が活況を呈しています。

 

例をあげると、

などなど。

 

また、こうした流れにのって

「昆虫食レシピ」

がどんどん開発されています。

 

なお、こうしたビジネスは

  • 昆虫の見た目をそのまま出して人々に慣れてもらおうとするもの
  • 昆虫だとは分からないように加工してしまうもの

に分かれているようです。

↑↑

前述した ENTO が開発した昆虫食のキューブ。

昆虫だとは分からないようになっています。

 

 ▽ ▽ ▽

 

昆虫食推進派の主張はおおよそ以下のとおりです。

  • 昆虫は良質なタンパク源であり他の栄養素もふんだんに含む
  • 昆虫の栽培(養殖というべき?)は酪農に比べはるかに低コストであり環境負荷も少ない
  • 昆虫を食べることで人口爆発の世界は飢餓から救われる
  • 食べたら意外に美味しい
  • そもそも人類は昔は昆虫を食べていたし、現代でも多くの国で昆虫食が普通だ(日本でもイナゴを食べている)
  • みんなが大好きなエビだって昆虫みたいなものだろう

いちいち、ごもっともです。

これらの主張に反対する人は少ないと思われます。

昆虫食の最大の課題は、「理屈」ではなく、「感情」ですからね。


食育ビジネスの基礎知識 > 食育業界情報 > エディブル・インセクト