食育事業的 定点観測

 

「仕事の幅を広げたければ、引き出しをたくさん持とう」

よく聞くアドバイスです。

 

「引き出しをたくさん持つ」

というのは、

「いろんな新しい情報を整理して頭に入れておく」

ということですね。

 

食育事業に関わる人が引き出しをたくさん持つために実行していることの1つに、

「食品店の定点観測」

があります。

 

同じ食品店を定期的に訪問し、

  • どんな商品が扱われているか
  • 店の雰囲気やデザイン、レイアウトは変わったか
  • どんなトレンドが見られるか

などをチェックします。

 

興味のある新商品があれば積極的に購入し、実際に食べてみます。

 

食育事業の場合、こうした定点観測の対象として特に人気が高いのが、アメリカにある世界最大の自然食品店チェーン(グルメスーパーとも言われます)

「ホールフーズ・マーケット」

でしょう。

 

アメリカまで行かなければなりませんが、その分、日本にはない情報に触れることができます。

 

なにより、ホールフーズ・マーケットを訪問するのは非常に楽しい経験になりますので、年に1度くらいは定点観測したいものです。

 

1度の訪問で、引き出しがかなり増えること請け合いです。

 

 ▽

 

 

ホールフーズ・マーケットに次いで定点観測に人気があるのが、おそらく

「トレーダー・ジョーズ」

ではないかと思います。

 

こちらもアメリカにある有名なナチュラル系の食品店チェーンです(同じくグルメスーパーとも呼ばれています)。

 

ホールフーズ・マーケットにはやや気取った雰囲気があるのに対し、トレーダー・ジョーズにはフレンドリーなイメージがあるようです。

 

両方行ってみて比較表を作っておくのも、引き出しを増やすのに役立ちます。