おきかえトマト

 

サンフランシスコの

「レインボー食品店」

で販売されている寿司用トマト。

 

ただの寿司ネタ野菜の一種と思ったら大間違いで、

「ほぼ、マグロ」

です。

 

 ▽ ▽ ▽

 

マグロの歯ごたえによく似た果肉を持つトマトを選び、特殊な調理法によって

「マグロにそっくりなトマト」

を作り出しています。

 

マグロはアメリカでも人気の寿司ネタですが、

  • 乱獲されて絶滅の危機にあるということ
  • 食物連鎖の上のほうにいるマグロには、水銀が蓄積されている可能性があること

この2つの理由により、

「マグロに置き換えられるトマト」

が開発されました。

 

 ▽ ▽ ▽

 

 

似たようなものに

「置き換えフォアグラ」

というものもあります。

こちらはベルギーで販売されている、ベジタリアン向けのフォアグラ。

 

 

 

動物性の素材を使わずに開発されたフォアグラです。

商品名は「ガイアのフォアグラ(Gaia de Faux Gras)」。

本物のフォアグラは、Foie Grasという綴りですが、「ガイアのフォアグラ」は、アルファベットをよく見ると、Faux Grasとなっています。

Fauxとは、「偽物」の意味。

 

製造元のガイア社は、動物愛護を社是に活動を行っている企業で、不自然な方法でガチョウを飼育して作られるフォアグラに反対していました。

そのため動物性の素材を使用しない完全なベジタリアンのフォアグラを商品化したのだそうです。

 

この「置き換えフォアグラ」は、トリュフ、トマトピューレ、パームオイル、ジャガイモ粉などから作られています。


食育ビジネスの基礎知識 > 食育ビジネス事例 > おきかえトマト