ベーコン・ビジネスが熱い

 

ベーコンフレーバー入りの枕カバー。

 

左がベーコン風味のリップクリーム。

真ん中がベーコン風味の日焼け止めクリーム。

右がベーコン風味のシェービングクリーム。

 

 ▽ ▽ ▽

 

冗談のような商品ですが、J&Dというシアトルの会社が大真面目に販売しており、いずれも実際に売れているそうです。

この会社は、本来は食品会社で、ベーコンフレーバー商品を専門に作っており、全米でも注目されている成長企業。

  • ベーコンソルト(塩)
  • ベーコンマヨネーズ(ベーコネーズ)

などがヒットし、ロングセラーになっています。

 

 ▽ ▽ ▽

 

こんな会社が注目されている背景には、

  • この10年ほど、アメリカやカナダがベーコンブームに沸いている

という不思議な状況があります。

このブームのなかで、

  • ベーコンアイスクリーム
  • ベーコンフレーバーのウォッカ
  • ベーコンチョコレート
  • ベーコンミント

などの不思議な商品が世に出ています。

「ベジタリアンにベーコンを」といったスローガンを掲げ、ベジタリアンでも食べたくなるベーコン料理を創作しようと頑張る不思議なシェフなども現れています。

 

 ▽ ▽ ▽

 

ふつうブームになると価格が上がるものですが、どういうわけかこのところベーコン用の豚肉の価格が下がっているようです。

なのでベーコンを扱う会社やベーコン料理のレストランは、とても元気のよい状態。

今後もいろいろなベーコン商品が出てくると思われます。


食育ビジネスの基礎知識 > 食育ビジネス事例 > ベーコン・ビジネスが熱い