世界のファーマーズ・マーケット

 

食育ビジネスに興味のある人にとって、海外旅行は

「その国や地域の食育ビジネスを視察する」

ための、よいチャンスでもあります。

そのために何を視察するか、ということですが、1つには

「現地のファーマーズ・マーケットを歩いて回る」

というのも、情報収集の手段として良いのではないかと思います。

第一、楽しいですしね。

 

というわけで、世界各地の、国際的に有名なファーマーズ・マーケットを順不同で紹介します。

(写真は、マラケシュのメディナ市場)

 

 ▽ ▽ ▽

 

マラケシュ(モロッコ)のメディナ市場:

ユネスコ世界遺産に登録されている地域にある、ファーマーズ・マーケットです。

 

バルセロナ(スペイン)のラ・ブカリーア市場:

スペインがイスラム教国だった13世紀からありました。

 

ニューヨーク(アメリカ)のユニオン・スクエア市場:

ニューヨークのこの地域はかつては犯罪多発地域でしたが、このファーマーズ・マーケットができてからは、治安が大幅に改善しました。

 

バンコク(タイ)のオートーコー市場:

見たこともないトロピカルな食材に出会えるマーケット。

 

トロント(カナダ)のセント・ローレンス市場:

1803年設立。

トロントのロカボア(地産地消にこだわる人々)が集まる市場です。

 

ベレン(ブラジル)のベル・オ・ペーソ市場:

アマゾンからのエキゾチックな食材に出会えます。

 

ロンドン(イギリス)のバラー市場:

1755年設立の市場ですが、実際には13世紀からあったとも言われています。

自家製のチーズが数多く並んでいます。

 

ランカスター(アメリカ)のランカスター・セントラル市場:

アーミッシュ文化の中心地にある、270年の歴史を誇る市場です。

 

シンガポールのクレタ・アヤ市場:

チャイナタウンの中にあり、「小汚いところが魅力」という不思議なマーケット。

 

アンティーブ(フランス)のプロバンス市場:

午後には地元のアーティストが作品を売りにやってきます。

 

香港(中国)の九龍市場:

アジアの食はここにあり、とでもいいたげなほどの、賑わい市場です。

 

ヘルシンキ(フィンランド)のカウパトリ市場:

トナカイやカモシカ肉のサラミ、チョコレート、シャケ、ニシン…北欧ならではの食材がいっぱいの市場です。

 

メルボルン(オーストラリア)のクイーン・ビクトリア市場:

南半球最大のファーマーズ・マーケットの1つ。

日本のスズキ自動車がスポンサーとなっている

「スズキ・ナイト・マーケット」

と呼ばれる夏のイベントが有名。

 

 ▽ ▽ ▽

 

まだまだ他にも魅力的なファーマーズ・マーケットがあるのですが、キリがないのでこの辺で。


食育ビジネスの基礎知識 > 食育業界情報 > 世界のファーマーズ・マーケット