食育事業のアイデア想起法

食育の新しいアイデアを思いつくには、海外情報を手に入れよう…。

ということを、このウェブサイトで、これまでさんざん提唱してきました。

 

海外から情報を得るのはビジネスの世界ではごく当然のこと。

 

外国の方々も、日本のビジネスからさまざまなヒントを得ています。

 

お互い様というわけです。

 

さて、今回は、海外情報のほかに「食育事業脳」を刺激する方法を紹介します。

 

それは、

「クラウドファンディング」

のサイトを眺めることです。

 

 ▽

 

クラウドファンディングは

  • (事業の)資金が欲しい人
  • 資金を出したいと思う人

をつなぐものですので、第3者にはあまり関係がないようにも見えたりするのですが、じつはクラウドファンディングのサイトは事業の新しいアイデアを持った人が

それを公表する場所でもあります。

 

つまり、クラウドファンディングはアイデアの宝庫。

 

ですので、クラウドファンディングのサイトをただ眺めるだけでも、いろんな情報を手にできます。

 

みんな、どんなことをしようとしているのか、今後のトレンドを知ることもできます。

 

<例>

 

「キャンプファイア」

食のページ

 

「READYFOR」

食のページ

 

「モーションギャラリー」

農業のページ

 

 ▽

 

アメリカでは料理本を出版するのにクラウドファンディングが利用されています。