果物のような魚

水族館で、魚がコマツナを食べているのを見たことがあります。

かなり勢いよくコマツナにかぶりついていたので、魚にとってもコマツナはおいしいのでしょう。

 

しかし、それは水族館でのこと。

自然界のなかで魚がコマツナを食べる機会はおそらくありません。

海の魚と、陸のコマツナが出会うことはまずないからです。

 

 ▽ ▽ ▽

 

コマツナの話ではありませんが、養殖魚の世界では、魚に果物を食べさせることが

ブームになっているようです。

 

コマツナ同様、自然界のなかで魚が果物を食べる機会はおそらくありません。

海の魚と、陸の果物が出会うことはまずないからです。

 

けれども、

「養殖魚に果物を食べさせたら、フルーティな香りの魚が育つかも…」

 

まさかと思いながらも、実際にやってみたら、本当にそうなった、ということのようです。

  • ユズやスダチを食べて育ったブリ。
  • ミカンを与えられて育ったアユ。
  • レモンで育ったハマチ。

などが養殖されています。

 

刺身にして食べてみると、食べたものの香りが、たしかにする。

しかも、魚臭さが減っている。

 

ということで、

「フルーツフィッシュ」

と呼ばれるこれらの魚がこれから増えてきそうです。

 

魚に与えられる果物は柑橘系が多いのですが、ブドウで魚を育てることも研究されています。

 

また、最近よく話題になる

「オリーブハマチ」

は、オリーブ果実ではなくオリーブの葉をハマチに食べさせているため、厳密にはフルーツではないのですが、

「フルーツフィッシュ」

の1つにカテゴライズされています。

 

 ▽ ▽ ▽

 

冒頭に、水族館の魚がコマツナを食べるという話をしましたが、野菜で育った養殖魚、いわば

「ベジフィッシュ」

みたいなものは、まだ出てないようです。

 

ただし、こういう研究が進められているようです。

 

「ベジタリアンマグロ」が天然魚を守る

 


食育ビジネスの基礎知識 > 食育「業界」情報 > 果物のような魚