自分で摘む野菜売場

ブラジルのあるスーパーマーケットでは、野菜の売場が大きく変貌。

全体が家庭菜園というか、野菜畑みたいになっているそうです。

 

顧客は、自分で野菜を摘み、袋に入れ、レジで精算します。

 

その様子が動画になっています。

https://www.youtube.com/watch?v=-Cs-EkcHgJM

 

この方式にした結果、そのスーパーマーケットでは野菜の売上が18パーセント増えました。

 

 ▽

 

ドイツのベルリンではスーパーマーケットの中に

「野菜工場」

が設置され、人々が直接、野菜工場の野菜を摘んで買う、というところがあります。

https://infarm.de/

 

 ▽

 

いっぽう、野菜売場ではないけれど、アメリカのホームセンターで最近販売されているのが、ハーブを育てるバーカウンター。

要は、ハーブ菜園とカウンターが1つになったようなもの。

 

目の前でミントなどを摘み取り、そのままモヒートを作る、といったことができるわけです。

http://inhabitat.com/outdoor-bar-made-with-reclaimed-wood-doubles-as-a-planter/

 

「自分で摘む」はこれからのキーワードになるのでしょうか?