ハレルヤフード寓話

ハラルフードは要するに

「イスラム食」

ですけれども、イスラムだけでなく、それぞれの宗教にはそれぞれ独自の食のルールが存在しています。

 

仏教の場合、それは

「精進料理」

となるわけですし、ユダヤ教の場合は、

「コーシャフード」

ということになります。

 

アメリカでの話ですが、コーシャフードはそれ自体が健康に良いという理由で、ユダヤ教でない人々のあいだでも流行したことがあります。

「コーシャメニューあります」

というPRをしている飲食店が、ニューヨークあたりにたくさん誕生しました。

 

コーシャフードが流行したときに、

「キリスト教にも独自の食のルールがある!」

ということを唱えた人々がいて、新約聖書に書かれている食事に

「ハレルヤフード」

と名づけ、さかんに宣伝していましたが、こちらのほうは、どうやらあまり定着しなかったようです。

 

そのほか、アメリカには

「産業革命以前の生活様式をかたくなに守り続ける」

という主義の人々がいて、

「アーミッシュ」

と呼ばれています。

電気・電話・自動車といった、いわゆる文明生活を避けている人々です。

 

このアーミッシュの人々が食べているものを

「アーミッシュフード」

と呼びます。

 

文明生活を避けるのがアーミッシュなので、食事も、自給自足です。

化学肥料も農薬も使いませんから、必然的にオーガニックです。

ですので、

「アーミッシュフード」は、たいへん健康によいはずだと、アーミッシュ以外の人々にも信じられています。

 

 ▽

 

さて、前述の

「ハレルヤフード」

ですが、これがあまり広がらなかったのには理由があります。

 

当時、ハレルヤフードをビジネスにしようと考えた人が大勢いたのですが、そのなかの1人が、

「ハレルヤフード」

で商標を取りました。

 

そして、商標を取った勢いで、ハレルヤフードを標榜していた他の人々、つまり競争相手をどんどん攻撃したのです。

  • 商標はウチが取ったのだから、あんた方は使っちゃいけないよ。

というわけです。

 

その結果、ハレルヤフードをビジネスにしようと考える人が、全員、すーっと引いてしまいました。

ハレルヤフードという言葉を使わなくなってしまいましたし、興味も失ってしまいました。

 

商標を取った人はこれで「しめしめ」と思ったことでしょう。

しかしそれは逆効果でした。

誰も使わなくなったので、「ハレルヤフード」という言葉をネットで発信する人がいなくなり、商標を取った本人だけは

さかんに宣伝したようですけど、孤軍奮闘が報われることはなく、「ハレルヤフード」はとうとう流行になることができませんでした。

 

商標を取ったことは良いとしても、まだ流行にもならない段階で独り占めしようとしたことが、結局は失敗のもとだったわけです。

 

「商標を取った」

と言いたくなるのを我慢して、みんなが「ハレルヤフード」を発信するのに任せていれば、流行が生まれていたかもしれません。

そのときに初めて

「商標を持っている」

という立場を利用すれば、流行の中心的存在になれたことでしょう。

 

金のタマゴを生むガチョウの話に少し似ていますね。

今後の教訓としましょう。