· 

食の安全 x 食育

人類はかつては自給自足をしていましたが、文明が発達するにつれ、分業が進みました。

今では

  • 食料生産(農業・水産業・畜産業など)
  • 食品加工
  • 流通
  • 生活者(食べる人)

は役割が明確に分かれています。

 

現代の生活者(食べる人)の多くは都市部に住み、農業・水産業・畜産業が実際に行われている場所からは遠く離れています。

また、生活者(食べる人)が食品加工の現場を見ることや流通の過程を知ることもまずありません。

つまり現代の生活者(食べる人)は、自分たちが日々食べているものについて、ほとんど情報が得られないのです。

これは、現代社会を維持するためには仕方のないことなのかもしれません。

 

しかし、だからこそ、生産者・加工業者・流通業者・生活者(食べる人)のすべてが、互いを信頼し、食料システムを維持する努力をしなければならないのでしょうね。

 

<目次>

  1. フードセキュリティ
  2. フードセーフティ
  3. フードディフェンス
  4. まとめ

 

さて、ひとことで「食の安全」と言いますが、食育活動をするには

「食の安全には3つの種類がある」

ということを、理解しておくとよいでしょう。

 

目次にもあるように、

  • フードセキュリティ
  • フードセーフティ
  • フードディフェンス

この3つです。

以下、順に解説します。

 

1.フードセキュリティ

1つめは、「食料確保の安全」。

Food Security (フード・セキュリティ)といいます。

必要とされる量の食料を、供給することを指します。

 

 

これは Food Security (フード・セキュリティ)について心配していることになります。

日本人は

  • 戦後の食糧難
  • 石油危機のころの物資不足パニック

の記憶をまだ持っていると考えられるので、

「国際情勢が悪化(戦争など)してもしも輸入ができなくなったら、たちまち食料不足に陥るのではないか」

という不安感をつねに抱いているように思われます。

 

日本はカロリーベースの食料自給率が4割程度です。

先進国の中ではかなり低い方です(※)。

資源の少ない日本は、いわゆる「加工貿易」によって戦後の経済成長を達成しました。

その代償として、食料自給率が低下するに至っています。

 

2.フードセーフティ

2つめは、「食品安全」。

Food Safety (フード・セーフティ)といいます。

  • 農産物の場合、農薬が基準より多く含まれることがないように
  • 加工食品の場合、異物混入がないように(※※)
  • 飲食店の場合、食中毒などが起きないように

食品衛生に注意を払うことです。

通常「食の安全」と言われてわたしたちの頭に浮かぶのは、この Food Safety ではないでしょうか。

 

人は、農業・食品製造業・飲食業といったビジネスサイドにはこのフードセーフティをかなり厳密に求めますが、いっぽうで、家庭で家族によって手作りされたおにぎりやサンドイッチといったものに関しては、さほどフードセーフティを気にしない傾向があります(※※※)。

こうした情緒的な側面があることも、フードセーフティの特徴です。

 

3.フードディフェンス

3つめは、「食品偽装の防止」。

Food Defense (フード・ディフェンス)といいます(※※※※)。

  • 産地偽装
  • 有機認証を取っていないのに「有機」を名乗ること
  • ブランド食品でないのにブランド食品のように表示すること
  • 遺伝子組み換えの表示をごまかすこと

などの防止です。 

 

人類の歴史上、食品偽装は昔から行われていたようです。

中国に「羊頭狗肉」ということわざがあるのはその名残ですし、古代ローマ時代にワインなどで偽装が行われていたという記録もあります。

いっぽうで人類は、食品偽装を防ぐための法整備や監視体制などを作り上げてきました。

食品偽装をする側と、それを防いで取り締まる側との戦いが、歴史を通じて行われてきたのです。

 

4.まとめ

食の安全には

  • フードセキュリティ
  • フードセーフティ
  • フードディフェンス

の3つがあります。

それぞれ重要な要素なので、生産者側・消費者側がよくコミュニケーションをとってしっかり守っていきたいですね。

 

 

(※)先進国のなかで食料自給率が日本より低いのは韓国とシンガポールくらいです。

(※※)かつての食品工場は、出荷される食品をチェックし、危険なものや不潔なものが見つかったら弾く、ということをしていました。現在は、そもそも異物混入などがないように、生産プロセスじたいを改善する、という方法が一般的です(HACCPやISO22000 など)。

(※※※)参考記事:食品添加物よりおそろしいのは「家庭の台所」だ

(※※※※)Food Defense (フード・ディフェンス)にはもう1つの意味があり、「農地や食品工場などでテロ行為が発生するのを防ぐ」ことを指す場合があります。