朝食ボックスプロジェクト(ドイツ)

「健康的な朝食を提供することで、子どもの学習意欲を高めたい」

という理念にもとづき、小学生にオーガニックの朝食を配るプロジェクトがドイツにあります。

 

「ビオ・ブロートボックス協会」

がリードするプロジェクトで、2002年にベルリンでスタートしています。

現在では広くドイツ国内に普及しているようです。

 

むろん、こうしたプロジェクトを進めていくには資金がいります。

資金は、子どもの親たちからの寄付、企業などからの寄付で賄っています。

 

子どもたちには、黄色い弁当箱に入った、地産地消の野菜や果物、チーズなどが配られます。