1975年

1975年というと、もう40年以上昔のこととなりますね。

 

知らない人にとっては「歴史」になってるので臨場感が湧かないとは思いますが、知っている人にとっては懐かしい時代だと感じることでしょう。

 

1975年とは、こんな年でした。

  • イギリスで初の女性首相が誕生(サッチャー首相)。
  • 缶コーヒー「ジョージア」発売開始。
  • チョコスナック「きのこの山」発売開始。
  • 沖縄海洋博があった。
  • 「およげ!たいやきくん」が流行った。
  • キャンディーズ全盛。
  • 映画「ジョーズ」がヒット。

「秘密戦隊ゴレンジャー」「タイムボカン」「まんが日本昔ばなし」が放映開始。

 

 ▽

 

いったい何の話をしているのかというと、このころに一般家庭で出されていた食事が、いまになって

「脳のためにベストな食事だ」

と言われているからです。

 

当時の典型的な食事は

こんな感じでした。

(クリックすると開きます)

http://www.tohoku.ac.jp/japanese/newimg/pressimg/tohokuuniv-press20160912_01.png

(出典:東北大学)

 

このころの食事の特徴は、

いろいろな食材を少しずつ。

「煮る」、「蒸す」、「生」が多く、「揚げる」「炒める」は少ない。

出汁や発酵調味料を活用し、砂糖や塩の使用は少なめ。

ということです。

 

詳しくは以下の記事を参照してください。

健康的な日本食の健康有益性を検証(東北大学)

最も健康な日本食は、1975年頃の食事!?(All About)

 

 ▽

 

とはいっても、このころの食事が何もかも良い、というわけではありません。

たとえば当時はトランス脂肪酸の知識もなかったために

「植物性だから良い」

というだけの理由でマーガリンが推奨されていましたし、

 

そのころは

「コンフリー」

という植物が庭で簡単に育つし体にも良い、と言われ、食卓にもよくのぼっていたようですが、その後、この植物は毒性があるということで販売禁止になっています。


  • 検定試験を受けるのにメールアドレスの登録などは必要ありません。
  • 合格者全員に進呈:メール講座「ブレインフード入門」無料受講特典