鎖国の原因はブレインフード

脳内の神経伝達物質の1つ、セロトニン。

俗に

「幸せホルモン」

などと言われたりします。

 

セロトニンはトリプトファンというアミノ酸から作られます。

トリプトファンが多く含まれる食べものというと、たとえば、豆腐やタマゴなどです。

 

さて、

  • セロトニンが多いと楽観的で革新的になり、
  • セロトニンが少ないと悲観的で保守的になる

とされていますが、日本人は遺伝的にセロトニンが少ないらしく、江戸時代の鎖国が300年も続いたのもそのせいではないか、と言われています。

 

詳しくはこちらに書かれています。

日本が世界のイノベーションをリードできない『深い』ワケ