ブレインフードの未来

人生100年時代の食事論


ブレインフードが生きる分野

ブレインフードは、以下のような分野での応用が期待されています。

  • 認知症予防の食事
  • 仕事のパフォーマンス向上(健康経営)のための食事
  • メンタルヘルスのための食事
  • 学力増進のための食事
  • 脳という臓器そのものの健康維持のための食事

認知症予防の分野

2025年には65歳以上の5人に1人が認知症になると言われています。

「日ごろの食生活をどのように変えたら、認知症の予防になるのか」

という視点でも、ブレインフードの知識がこれからますます重要になるでしょう。

 

<応用の例>

  • 高齢者、家族に高齢者がいる方を対象とした、ブレインフードの啓蒙
  • 認知症予防のための食事レシピの開発

など


仕事のパフォーマンス向上(健康経営)の分野

「頭が冴えない」

「集中できない」

「モチベーションが上がらない」

→したがって仕事のパフォーマンスが落ちてしまう

 

そういった状態(※)は、ブレインフードを知って食事を変えることで、改善することができます。

 

<応用の例>

  • ビジネスパーソンを対象とした、ブレインフードの啓蒙活動
  • 社員食堂が、ブレインフードのメニューを提供する
  • ビジネスコーチやキャリアコンサルタントがブレインフードの知識を取り入れ、アドバイスの幅を広げる

など

 

(※)体調に問題はなくても仕事の効率が上がっていない状態は「プレゼンティーイズム」と呼ばれています。


メンタルヘルスの分野

気持ちが沈んでしまう、あるいは、つい攻撃的になってしまう…。

そんな感情も脳のはたらきから。

食べたものにより、人の感情は影響を受けます。

 

ブレインフードを知って食事を変えることで、感情を安定させることができます。

 

<応用の例>

  • カウンセラーがブレインフードを学び、アドバイスの幅を広げる

など


学力増進の分野

何を食べるか、どのように食べるかにより、脳の働きが影響を受けることが明らかになってきています。

  • 勉強の集中力が落ちるのを防ぎたい
  • 記憶力を良好に保ちたい

そんなとき、ブレインフードの知識が役に立ちます。

 

<応用の例>

  • 受験生や受験生の母親を対象とした、ブレインフードの啓蒙
  • 学習塾が「ブレインフードおやつ」を提供する
  • 食育活動をしている人がブレインフードを学び、その知識を子どもたちに伝える

など


脳という臓器そのものの健康維持の分野

脳細胞を守る。

脳梗塞などの疾患を防ぐ。

ブレインフードは脳の味方です。

 

<応用の例>

  • シニア層を対象とした、ブレインフードの啓蒙
  • 認知症予防のための食事レシピの開発

など


ブレインフードの専門家になるには?

ブレインフードマイスターになろう!

  • ブレインフードを基礎から学び
  • 日常生活の中でその知識を実践し

さらに

  • その知識を伝え
  • さまざまな分野で活用できる

そのような人材「ブレインフードマイスター」を育成しています。