ブレインフードと健康経営

いわゆる「大人の食育」のなかでも 「オフィスの食育」は重要な位置を占めます。日本にはオフィスで働くサラリーマンが何千万人といますから。
企業に食育の企画を提案するようなとき。たとえば社員向け食育講座の提供(全10回シリーズ)や会議に出す「健康おやつ」の販売、社員食堂の新メニュー開発支援(ヘルシー化)などの提案をするとき。
企業が従業員の健康増進のために行うさまざまな工夫のことを、日本では 「健康経営」 といいます。 もともとはアメリカで 「ワークサイト・ヘルス・プロモーション」(職場の健康増進) などと呼ばれていました。
オフィスでの健康増進(食育を含む)のことを、アメリカでは 「ワークサイト・ヘルス・プロモーション」 などと呼び、四半世紀前あたりから研究がさかんに行われています。