ディスコ・スープ

スローフードの旗印のもとに、若者が担い手となって活動している

「スローフード・ユース・ネットワーク(Slow Food Youth Network)」

という団体があり、世界各国におおぜいのメンバーがいます。

 

そのスローフード・ユース・ネットワークの中心的な活動の1つに

「ディスコ・スープ」

と呼ばれるものがあります。

 

 ▽

 

ディスコ・スープは、

  • 形がよくない
  • 傷がついている

などの理由から廃棄されてしまう、いわゆる「不揃い」な農産物を集め、スープにしたりスムージーにしたりして、参加者みんなで食すイベント。

DJがいてバンドの生演奏があり、名前どおりディスコ形式になっています。

わいわい盛り上がりながらも、食糧廃棄問題について考えようというのが主旨。

 

(イベントの様子)

言ってることは分からなくても、なんとなくどういうものか分かりますね。


 

最初のディスコ・スープが開催されたのは、2012年。

ベルリン(ドイツ)でのことです。

ベルリンの後、同じ年にパリ(フランス)でも開催されました。

その後、このイベントは各国で開催されています。

 

今年(2017年)から「世界ディスコ・スープ・デー」が制定されました。

最初の「世界ディスコ・スープ・デー」は2017年4月29日。

この日に、各国でディスコ・スープが催されたようです。

むろん、日本でも複数個所で開催されました。