食育の未来(食育総研コラム)

古い価値観を大切にすることの多い食育。いっぽう、新しいテクノロジーが食の世界を変えつつあります。これからの食育はどうなっていくのでしょうか?
これからの食育を実現するためには、旧来型の食育とは異なる思考で食育活動をイメージできる人材が必要です。食育イノベーターとは、社会のニーズにフィットする食育活動を生み出す人材です。社会やニーズの変化を捉えてそれに対応できる食育イノベーターによる食育は、必ず社会に求められる活動となり、浸透することができます。未来の食育リーダーです。 食育活動 食育人材育成 食育プランニング 食育支援 食育のリーダー

食育講師としての活動について解説します。食育活動にはさまざまなスタイルがありますが、そのなかでも典型といえるものの1つが「食育講師」という活動です。 食育には「狭義の食育」と「広義の食育」があり、それに応じて「狭義の食育講師」と「広義の食育講師」が存在します。「狭義の食育講師」が持つべき知識は、栄養・農業(や漁業など)・料理・食文化に関する広い知識です。「広義の食育講師」に必要な知識は、専門分野に関する深い知識です。 食育資格 食育講師
検定が「強力な食育ツール」になる理由を解説します。検定は「知識を図る」ものだとばかり思い込んでいませんか?検定には、旧来型の知識を図るものとは異なる、「イノベーション型の検定」があります。「イノベーション型の検定」には、独特な力があり、その特性をしっかりと理解することで、強力な食育ツールとして活用することができます。 食育ツール 食育活用 食育仲間探し

検定試験を食育活動に取り入れる方法と意義について解説します。
なにごとにも「トレンド」があります。食育活動も10年単位でみると大きな変化が見られます。どのような変化でしょうか?最大の変化は、「食育」についての認知度が上がったことです。これにより、今後の食育活動は「食育とは何か、についての基本的な知識はすでに定着している」前提で、展開されていくでしょう。 食育活動 食育の変化 食育の発展 食育のトレンド

「人類最大の発明」は何でしょうか。「これがなかったら文明もなかっただろう」というものは何でしょうか。
食育は日本だけのものではありません。しかし日本という国の状況が食育にも反映されているため、日本の食育はある意味で特殊であるとも言えます。

海外で実施されている「食べものに点数をつける売りかた」について、解説します。
食育活動が進むにつれ、「朝食は食べるべきかどうか」「農薬や遺伝子組み換えについてどう考えるか」「食料自給率が低くてよいのか」など、さまざまな質問を受けるようになります。こうした質問に説得力のある答を返すためには…。 食育への応用 食育の二面性、食育のテーマ、朝食での食育、農業での食育、食品衛生での食育、食料自給率での食育

さらに表示する