食育事業の関連書籍

時間栄養学が明らかにした「食べ方」の法則

「何を食べるか」

「どれだけ食べるか」

が普通の栄養学。

 

これに加え、

「どんな順番で食べるか」

「いつ食べるか」

を研究するのが時間栄養学です。

 

時間栄養学が明らかにした「食べ方」の法則

売れる野菜2016

いわゆる「野菜ビジネス」は、新しいステージに入ったように思われます。

 

これまでの野菜ビジネスは、

「野菜の良さを啓蒙する」

というのが主眼でした。

 

この流れにもっとも貢献した取り組みの1つとして、

「野菜ソムリエ」育成事業

が挙げられるでしょう。

続きを読む

妊娠しやすい食生活 ハーバード大学調査に基づく妊娠に近づく自然な方法

「目的別食事法」がさまざまに開発される時代になってきました。

かつては「目的のある食事」といえば、痩せるダイエットしかありませんでしたが、今は

  • スポーツ選手のための食事法
  • 認知症予防のための食事法
  • 受験生のための食事法

といったものが誕生しつつあります。

 

この本で紹介されている

「The Fertility Diet」

もそうした食事法の1つ。

「不妊治療に役立つ科学的な食事法」

として注目を浴びています。

 

こうした「目的別食事法」が開発されると、

「その食事法を使った食事指導」

がビジネスとして成立するようになりますし、

「その食事法を正しく普及するための協会」

のようなものも、できてくるでしょう。

 

妊娠しやすい食生活 ハーバード大学調査に基づく妊娠に近づく自然な方法

人口18万の街がなぜ美食世界一になれたのか

グルメの街として世界的なブランドイメージを作ることに成功したスペインのサン・セバスチャン。

「食による地域活性化」のよいサンプルと思われます。

 

ゆるキャラ頼みの地域PRに走るどこかの国とは、レベルの違いを感じますね。

 

人口18万の街がなぜ美食世界一になれたのか

料理療法

料理は、レシピを考え、段取りを考えながら、五感をフル活動させて行うものだから、料理をする行為じたいが認知症の予防になるはず。

という考えにもとづき、料理を「予防プログラム」「療法」として各地の介護施設に採用されるまで高めたところが、食育ビジネス的です。

 

認知症ケアと予防に役立つ料理療法