機能性野菜(高機能野菜)

 

機能性表示食品の制度ができ、紆余曲折がありながらも徐々に普及していくなか、サプリメントや健康食品、加工食品だけがフォーカスされているように見えます。

 

しかし、農産物である機能性野菜(高機能野菜)に対する期待はじつはきわめて大きい。

 

じつは世界的なトレンドとして、

「(サプリメントや健康食品のような)人工的な食品に機能性を求めるよりも、農産物のような日常食べているものに機能性を求める傾向」

が強くなってきています。

 

たとえば、かつてはサプリメントが全盛だったアメリカやイギリスですが、近年になり、サプリメントの需要はゆるい下降線をたどっています。

 

その代わり、

「サプリメントから普通の食品(農産物など)への回帰」

が始まっています。

 

飲料市場の調査を専門とするカナディーン社の最近の調査によると、

「いまのイギリスの消費者の8割は、サプリメントからではなく、

野菜や果物などから栄養を確保したいと考えている」

という結果が出ています。

 

つまり、機能性野菜(高機能野菜)の潜在的な市場はとても大きいということです。


機能性野菜ビジネス

このようなビジネスが考えられます。

  • 機能性野菜(高機能野菜)の開発:種苗メーカー
  • 機能性野菜(高機能野菜)の生産:農業者
  • 機能性野菜(高機能野菜)の流通:スーパーなど
  • 機能性野菜(高機能野菜)の加工:食品メーカー、惣菜メーカーなど
  • 機能性野菜(高機能野菜)の料理:飲食店
  • 機能性野菜(高機能野菜)のレシピ提供:料理教室など

 

食育ビジネスとして考えたときは、

  • 食育講座の題材として機能性野菜を使う
  • 機能性野菜(高機能野菜)専門の野菜ソムリエになる
  • 機能性野菜(高機能野菜)を使った介護食メニューを開発する
  • 機能性野菜(高機能野菜)を使ったスポーツ食を開発する
  • 機能性野菜(高機能野菜)をブランド化し、生産者を応援する
  • 機能性野菜(高機能野菜)を使った大人向け食育講座を実施する

といった活用法が想定できます。

 

 

機能性食品講座

コイヤサイ