· 

分子料理学

分子料理学(分子ガストロノミー)とは、かいつまんでいうと

「サイエンス(科学)の知識を駆使して新しい料理を作る」

という意味になります。

 

似たようなものに「料理科学」や「食品化学」という学問があるけれども、これらとは少し違います。

「料理科学」や「食品化学」はあくまで学問。

取り組んでいるのは学者の人が多い。

これに対し「分子料理学」「分子ガストロノミー」は、グルメを直接の目的としています。

取り組んでいるのは料理人です。

 

つまり「分子料理学」「分子ガストロノミー」は、サイエンス(科学)よって、

  • 経験したことのない味わい
  • 経験したことのない香り
  • 斬新な見た目

を生み出すことを狙っています。

 

「分子料理学」「分子ガストロノミー」を活用した料理法には、たとえば

  • 泡を食べる料理(イクラ味の泡、カレー味の泡など)
  • 液体窒素で凍らせる料理(バーナーで炙って食べる料理のように、炎ではなく液体窒素を噴霧する)
  • 遠心分離機を使って素材を分離し、新しく組みなおす料理

などがあります。

 

 

⇒分子料理学(分子ガストロノミー)についてもっと詳しく