旅行 x 食育

「旅行」というテーマで食育活動を考えてみましょう。

  • 旅行先で得られる体験は、忘れがたいものであること
  • 食は旅行の楽しみの1つであること

この2点を切り口に、食育活動を考えてみるのです。

ここではそれを

「食育ツーリズム」

と呼ぶことにしましょう。

 

 

<目次>

  1. 食育ツーリズムとは
  2. ヘルスツーリズム
  3. アグリツーリズム
  4. グルメツーリズム
  5. カリナリーツーリズム
  6. まとめ

 


1.食育ツーリズムとは

ここでは食育ツーリズムを、

「食育についての理解が深まるように設計された旅行(旅行商品)」

と定義することにします。

ただし「食育」は幅の広い概念ですので、単に「食育についての理解が深まる」といっても、パターンはさまざまなものがあります。

 

(例)

  • 旅先で現地の食文化を学ぶ
  • 旅先で健康な食事を楽しむ
  • 旅先で生産者と交流する

など。

 

「食育ツーリズム」は、このあと述べる「ヘルスツーリズム」「アグリツーリズム」「グルメツーリズム」「カリナリーツーリズム」とは同じではありません。

しかし共通している点も多く、その関係はおおよそ以下の図のようになります。


2.ヘルスツーリズム

旅行と健康サービスを組み合わせたものを「ヘルスツーリズム」といいます。

今回取り上げた「〇〇ツーリズム」の中ではもっとも古くから存在しているものです。

 

ヘルスツーリズムの例:

  • 旅行先でファスティング(断食)をする
  • 旅行先で健康診断を受ける
  • 旅行先でウォーキングをする
  • 旅行先の医療機関で治療を受ける

多くの場合、ヘルスツーリズムは健康に配慮した食事とセットになっています。


3.アグリツーリズム

旅行先で農業体験をするものを「アグリツーリズム」といいます。

「グリーンツーリズム」と呼ばれることもあります。

多くは、生産者の家に宿泊(農泊)し、数日にわたって農業体験をします。

  • 旅行者と生産者との人的交流
  • 農泊で出される農家のご馳走
  • 農村の自然景観

などがアグリツーリズムの楽しみとなります。

 

なお、旅先で漁業体験をすることは「ブルーツーリズム」といいます。


4.グルメツーリズム

旅行先で本格的に食事を楽しむことを「グルメツーリズム」といいます。

  • 旅先の有名レストランのシェフと交流しながら食事を楽しむ
  • 旅先の酒蔵を訪問し、付設のレストランで食事を楽しむ
  • 旅先のワイナリーを訪問し、付設のレストランで食事を楽しむ(「ワインツーリズム」とも言う)

など、「単に旅先でおいしいものを食べる」だけではない要素が加わっています。


5.カリナリーツーリズム

カリナリーツーリズムとグルメツーリズムを同一に扱う場合もありますが、ここでは

「旅行先で料理体験をする(料理教室に参加する)こと」

を「カリナリーツーリズム」と呼ぶことにします。

 

訪日外国人が増え「インバウンド消費」という言葉も生まれている昨今、外国人旅行者に日本食に親しんでもらおうと、外国人向けの料理教室が増えています。

  • ラーメン
  • 寿司
  • うどん
  • 餃子
  • 和菓子

などがそうした料理教室での人気のテーマになっています。


6.まとめ

「食育についての理解が深まるように設計された旅行(旅行商品)」を「食育ツーリズム」と言います。

食育ツーリズムと似たものに

  • ヘルスツーリズム
  • アグリツーリズム
  • グルメツーリズム
  • カリナリーツーリズム

などがあります。


(合格者全員に進呈)

「食育活動スタートアップガイド(PDF)」