· 

健康経営 x 食育

<おさらい:健康経営とは>

「従業員の健康増進」を企業経営に取り入れることを「健康経営」と言います。

かって健康増進(や健康管理)は従業員の自己責任とされていました。

しかし今では、「従業員の健康増進」に積極的に関わろうとする企業が増えています。

国も、そのような企業を支援しています。

なぜなら、「健康経営」により

  • 従業員の活力が向上する
  • それにより生産性が高まり、ひいては企業業績や企業価値の向上につながる
  • 企業のイメージアップになる
  • 医療費が節減できる

などの効果が期待できるからです。

 

<健康経営の一翼を担う「食育」>

健康経営には

  • 食:従業員のあいだに健康的な食生活への意識を高めること
  • 運動:従業員がウォーキングやスポーツに親しみやすい環境作りを進めること
  • 休息:従業員に疲労回復や癒し、睡眠改善についての知識を広めること
  • メンタルヘルス:職場が良い雰囲気であるようなマネジメントを実施すること

など、多様な取り組みかたがあります。

このうち、最初に挙げた

「食:従業員のあいだに健康的な食生活への意識を高めること」

は、「大人向けの食育」とほぼ同じことだと言えるでしょう。

 

<健康経営 x 食育:企画プロデュース>

  • 健康経営の導入や充実化を求める企業に対し、食育の面から企画提案をする
  • 健康経営向けの商品やサービスを持つ企業とタイアップし、食育の面から協力する

などが考えられます。