メールマガジン

食育とビジネスをつなげる話題を提供します。

特典①: 食育ビジネス適性診断

特典②: 食育ビジネスのアイデアは、どうやって作るのか?

特典③: バックナンバーをすべて閲覧最新号のみ、こちらで閲覧できます

食育ビジネスコミュニティ 「エプロン」

食の協会の作り方

ブレインフード講座

機能性食品講座

食と健康投資


食育ビジネスの基礎知識

2016年

8月

28日

時間栄養学

「ベジタブル・ファースト」

という言葉があります。

 

これは、食事のとき

「まずは野菜から食べよう」

という標語のようなもの。

 

野菜から食べると、その後の炭水化物、つまりごはんやパンや麺類の消化がゆっくりになるので、食後血糖値が急上昇しない

=体に良いということです。

 

「何を食べるか」も大事だけど、「食べる順番」も大事、

ということを表しています。

 

 ▽

 

「食べる順番」のほかに、

「いつ食べるか」も大事だよ、

という学問もあり、「食べる順番」「いつ食べるか」をあわせて

「時間栄養学(chrononutrition)」

と呼ばれています。

 

たとえば、

 

* トマトジュースは朝、飲むとよい。

→リコピンの吸収がよいので。

 

* 納豆は夜、食べるとよい。

→体内に血栓ができるのを防ぐから。

 

* バナナも夜、食べるとよい。

→成長ホルモンが活性化するので。

 

こうしたことを研究するのが

「時間栄養学」です。

 

そのほか、

「時差ボケを直す食事の方法」

などというのも、「時間栄養学」のテーマの1つです。

続きを読む

2016年

8月

28日

時間栄養学が明らかにした「食べ方」の法則

「何を食べるか」

「どれだけ食べるか」

が普通の栄養学。

 

これに加え、

「どんな順番で食べるか」

「いつ食べるか」

を研究するのが時間栄養学です。

 

時間栄養学が明らかにした「食べ方」の法則

2016年

8月

26日

3Dプリンタが食の世界を変える?

3Dプリンタで料理ができる、という話を、これまで何度か紹介してきました。

しかし、ついに、コレが登場しました。

続きを読む

2016年

8月

25日

エアルーム

もともと

「エアルームトマト」

という言葉がありました。

 

「伝統的に栽培されている、不ぞろいなトマト」

のことを指す言葉です。

 

続きを読む

2016年

8月

04日

野菜の処方箋

病院やクリニックで診察を受けたら、そこでもらえるのは

「薬の処方箋」

ですね。

 

その処方箋を持って薬局に行くと、薬がもらえます。

 

ところがニューヨーク州では、

「野菜の処方箋」

のシステムが存在しています。

 

続きを読む

2016年

7月

31日

歌姫とスイカ

上海あたりの飲食店では、ソフトドリンクのメニューに

スイカのジュースがほぼ必ず定番として載っています。

 

スイカジュースは人気アイテムというわけです。

 

一方、アメリカは、スイカじたいの生産量はわりと多く、じつは世界ランク第4位なのですが、飲食店でスイカジュースを定番メニューとして見かけることはそんなにありません。

 

果物としてのスイカは人気だけれど、ジュースとしてはあまり普及していないというわけです。

 

ところが、そんなアメリカで、スイカジュースだけを売る会社が3年ほど前から話題になっています。

続きを読む

2016年

7月

24日

CSF

CSF とは

Community-supported Fishery

(地産地消で漁業を支援する仕組み)

の略です。

 

仕組みはおおよそ以下のとおりです。

  • 消費者が漁場の会員になり、年会費を払う。
  • 年会費により漁業者への報酬が賄われる。
  • 会員は漁場で取れた水産物を受け取る。

 

 

続きを読む

2016年

7月

24日

CSA

住宅街にほど近いところ、あるいは住宅街の真ん中に、農場がある。

 

農場の仕組みは以下のとおり。

  • 住宅街の住民が、農場の会員になる。
  • 会員は年会費を払う。
  • 年会費により農場経営が賄われる。
  • 会員は農場でできた農産物を受け取る。
  • プロ農家にとっては農場経営が安定する。
  • 地域の人々にとっては、目に見える形できわめて新鮮な農作物を手に入れることができる。

こうした仕組みを、CSA といいます。

 

 

続きを読む

2016年

7月

23日

メンタルヘルス型の料理教室

アメリカでは、臨床心理、カウンセリングの方法の1つに

「料理」

を取り入れようという動きがあります。

 

 

続きを読む

2016年

7月

19日

食の講座の適正価格

食の講座を開くときに受講料をどうするか、という話。

 

食の講座に限らず、ビジネスを組み立てる上で最も頭を悩ませることの1つが

「価格をどうするか」

つまり、プライシングですね。

 

講座の場合は

「適正な受講料はいくらか」

となります。

 

価格により、ビジネスは死にもするし、生きもします。

 

安ければ売れるだろう、というものでもありません。

 

続きを読む

食に関する情報サイト

ブレインフード講座

機能性食品講座

食と健康投資