食育イノベーションのヒント


食育イノベーションについて

食育基本法ができてから近年までの食育は

「食育とは何か」

を伝えるところから始まっていました。

これを

「旧来型の食育活動」

と呼びます。

 

これに対し、

「『食育とは何か』については、ほぼすべての人が知っている」(=食育が社会の知識インフラになっている)

という状態を前提とし、そこに新しいものを積み上げていくことを

「食育イノベーション」

と呼びます。

 

「食育とは何か」を伝えるところから始める旧来型の食育活動は、

  • 誰が行おうと、どこで行おうと、伝える内容そのものはだいたい同じになります。
  • 「浅く・広く」が特徴になります。

 

これに対し、食育イノベーションは自由度が高く、専門性も高いのが特徴です。

言い換えれば、

  • 自由な発想
  • 狭く・深く

が食育イノベーションに適しています。

 

パソコンにたとえるならば、旧来型の食育活動は「OS(ウィンドウズなど)」を広める活動に相当し、食育イノベーションは「OS上で動く多種多様なソフトウェア」を考える活動に相当します。

 

⇒もっと読む


食育イノベーションのヒント

①食育イノベーションを進めるための知識・発想法などのヒントを提供しています。

②アンケートに回答することも大切な食育アクション! 食育イノベーションの一歩です。

  • 食育活動をより良くするためのアンケートを実施しています。
  • 回答者には、小冊子「歴史の賢人に学ぶブレインフード&プラントベース」をプレゼント!