現代食育の基礎知識


「旧来型の食育」と「現代食育」

食育基本法ができてから近年までの食育は

「食育とは何か」

を伝えるところから始まっていました。

これが「旧来型の食育」です。

 

しかし、そうした「食育の黎明期」は過ぎました。

いまは

「『食育とは何か』については、ほぼすべての人が知っている」

そういう時代になっています。

また、「地産地消」「オーガニック」といった、かつては新鮮だったキーワードも、今ではほとんどの人が知っています。

 

これからの食育には、

  • 「食育とは何か」の説明は要りません。
  • 「地産地消」「オーガニック」などを説明する必要もありません。

そういう言葉を使っても、もはや人は感動しません。

新しい要素、新しいキーワードが求められています。

 

こうした時代に対応するのが「現代食育」のありかたです。

食育総研ではこれを

「食育イノベーション」

と呼んでいます。

現代食育の基礎知識

現代食育を実践するための知識・発想法などのヒント

注目の食育キーワード

コラム最新記事

食育総研

「いつ食べるか」謎の現在位置を探ってみた (火, 31 1月 2023)
~いまだに「トマトは朝に食べる」「納豆は夜に食べる」しか分かっていないのか問題~ 時間栄養学 続きをみる
>> 続きを読む

食育の名言【7】 (Tue, 31 Jan 2023)
You better cut the pizza in four pieces because I'm not hungry enough to eat six. そのピザ、4つに切ったほうがいいな。6つだと食べきれないから。 ヨギ・ベラ 続きをみる
>> 続きを読む

シン・食育クイズ【26】 (Fri, 27 Jan 2023)
QUIZ アメリカに「EWG」という名前の、NPO団体があります。 この団体は、スーパーなどで売られている野菜や果物について、( )を調べ、そのランキングを毎年、発表しています。 食の意識の高い人々は、そのランキングを見ながら、日々の買物の参考にしています。 続きをみる
>> 続きを読む

人類はついにミツバチを手なずけたのか? (Wed, 25 Jan 2023)
ハチミツ好きな人は多い。 ミツバチを可愛いと思う人も多いでしょう。 「昆虫はキモいけどミツバチは許せる」的な人も少なくないようです。 ミツバチを主役にしたアニメがあるくらいですしね。 今回は、ある養蜂関係者が900万円ほどの資金を集めようとしたところ、勢い余って最終的に12億円が集まってしまった、という話です。 続きをみる
>> 続きを読む

食育の名言【6】 (Sat, 21 Jan 2023)
I know once people get connected to real food, they never change back. 私は知っています。ひとたび本物の食に触れると、人は元には戻らないことを。 アリス・ウォータース(アメリカの食育家) 続きをみる
>> 続きを読む