よくある質問


食育総研

  • 食育総研の理念や活動について
  • 食育イノベーター検定について
  • 食育プランニング会議について

 

食育総研の理念や活動について

Q:なぜ食育総研を立ち上げたのですか?

A:「①食育活動をもっと面白いものにしたい! ②食育活動を経済的に自立できるものにしたい」というのが食育総研の純粋な思いです。わたしたちはこれを「食育イノベーション」と呼んでいます。

 

Q:「食育イノベーション」とは何ですか?

A:旧来の食育活動を「子どもを対象にした栄養教育」だとすれば、そうでない新しい食育活動を生み出すことが「食育イノベーション」です。

 

Q:食育総研はどんな活動をしていますか?

A:多くの人に「食育イノベーション」の可能性に気づいてもらえるよう、啓蒙活動や講座、コンサルティングなどを行っています。

 

Q:どんな方々が講師やコンサルタントをしていますか?

A:食・栄養・農業・料理などの分野で造詣が深く、「食育活動をもっと面白いものにしたい!」という食育総研の思いに共感してくださっている方々に、講師・コンサルタント陣に加わっていただいています。

 

 

食育イノベーター検定について

→食育イノベーター検定はこちら

 

Q:どんな方が受けていますか?

A:食育イノベーター検定は、一般むけの内容になっていますが、食や食育に感心の高い方々の受験が多いようです。

 

Q:受験制限はありますか?

A:どなたでも受験できます。

 

Q:食育の知識がなくても受講できますか?

A:食育の知識があると有利かもしれませんが、食育イノベーター検定は食育を知らなくてもチャレンジできるよう、当サイトのあちこちにヒントがちりばめられています。

 

Q:合格率はどのくらいでしょうか?

A:食育イノベーター検定は無料で繰り返し受験できるので、合格するまで楽しみながらチャレンジしてください。

 

食育プランニング会議について

→食育プランニング会議はこちら

 

Q:どんな内容ですか?

A:誰もまだ思いついていない、自分だけのオリジナルのテーマで食育活動プランを練り上げることを目的とした、いわばミニ・コンサルティングです。誰もまだ思いついていない、自分だけのオリジナルのテーマで食育活動をすることができれば、人々の注目を集めることができます。人々の注目を集めることができれば、あなたの食育活動は大きく盛り上がることでしょう。

 

Q:どんな方が参加(受講)していますか?

A:食に関するなんらかの資格を持っている方、会社をリタイアして「食や健康」に関する仕事を始めたいと思っている方などが参加(受講)されています。

 

Q:食育プランニング会議に参加するメリットは何ですか?

A:1つには、会議後もひきつづきメールでの相談を講師にすることができます。また1つには、完成したプランは、食育というキーワードに関心が極めて高い人たちが数千人規模で集まる、食育総研のメルマガでPRすることができます。

 

Q:誰が講師をするのですか?

A:食育総研の中心メンバーが講師をするほか、他の講師・コンサルタントとのつながりも得られます。

 


ブレインフード・プロジェクト

  • ブレインフードについて
  • ブレインフード検定について
  • ブレインフードマイスターについて
  • ブレインフード活動について

 

ブレインフードについて

Q:ブレインフードは世界でも注目されているのですか?

A:ブレインフードはとくに先進国で研究が進められています。たとえばアメリカではブレインフードの研究に国が予算を出していますし、認知症予防に有効な食事法が権威ある大学の研究により考案されています。またたとえばイギリスではノーベル賞受賞者がふだんどのような食事をしているかが調べられていますし、認知症予防効果があるとされる飲料が販売されています。

 

Q:どのような効果があるでしょうか。

A:ブレインフードは、

  • 脳の活性化
  • 記憶力・集中力向上
  • 心や感情の安定
  • メンタルヘルス
  • 脳の健康
  • 子どもの育脳
  • 認知症予防

などをもたらす「食べもの」や「食べかた」のことを指します。

(参考)ブレインフードと食育

 

Q:頭は良くなりますか?

A:脳が活動するにはエネルギーや栄養素が必要で、その供給源は食事により摂取する食物です。

  • 食べ過ぎたり
  • 不適切な食品を摂取したり
  • 不適切な時間に食品を口にしたり

すれば、脳の働きは落ち、反対に、

  • 食事の量
  • 食事の内容
  • 食べる時間

などに適切な注意を払えば、脳の働きは向上すると考えられています。

 

Q:認知症には効きますか

A:ブレインフードは認知症予防に効果があると考えられており、研究が進められています。

 

Q:特別な食材は必要ですか?

A:ブレインフードの多くは、日常的に手に入りやすいもの(スーパーマーケットなどで普段から販売されているもの)です。

ただ、漫然と好きなものを好きなように食べればよいというものではありません。食材の選び方、食べるタイミング、調理のしかたなどを適切に配慮することが大切です。

 

Q:毎日遅くまで働いている夫をブレインフードの知識でサポートできますか?

A:ブレインフードについて学ぶことで、

  • 何を
  • どのようなタイミングで
  • どのような調理法で

食べるとよいかが分かります。この知識を、

  • ふだんの家庭での食事
  • 家族で外食するときのメニューの選択
  • お弁当作り

などに活かすことができます。

 

Q:ブレインフードの知識があると、健康経営の分野でも活躍できますか?

A:健康経営は「従業員の健康増進を会社がサポートすることで、従業員1人1人の健康と、職場全体の生産性向上を目指す」というものです。従業員の健康増進には「食事」「運動」「休息や睡眠」「メンタル」などさまざまな要素がありますが、ブレインフードはその中でも「食事」の領域で力を発揮します。

(参考)ブレインフードと健康経営

 

ブレインフード検定について

ブレインフード検定はこちら

 

Q:どんな方が受けていますか?

A:ブレインフード検定は、一般むけの内容になっていますが、食や食育に感心の高い方々の受験が多いようです。

 

Q:受験制限はありますか?

A:どなたでも受験できます。

 

Q:栄養学の知識がなくても受講できますか?

A:栄養学の知識があると有利かもしれませんが、ブレインフード検定は栄養学を知らなくてもチャレンジできるよう、当サイトのあちこち(「ブレインフード入門」コラム)にヒントがちりばめられています。

 

Q:合格率はどのくらいでしょうか?

A:ブレインフード検定は無料で繰り返し受験できるので、合格するまで楽しみながらチャレンジしてください。

 

ブレインフードマイスターについて

→ブレインフードマイスターのページはこちら

 

Q:資格取得後にも、さらに学ぶ機会はありますか?

A:資格取得者には食育総研からメールマガジンを始めとした様々なコンテンツをお送りしています。また、ブレインフードに関する最新情報を「ブレインフードNEWS」に記載しています。

 

Q:資格取得後は、どのような活動ができるのでしょうか?

A:ブレインフードは、以下のような分野での応用が期待されています。

  • 仕事のパフォーマンス向上のための食事
  • メンタルヘルスのための食事
  • 学力増進のための食事
  • 認知症予防の食事
  • 脳という臓器そのものの健康維持のための食事

こうした「目的のある食事」についてのアドバイスができるのが、ブレインフードマイスターです。

(参考)ブレインフードの未来

 

Q:仕事にできますか?

A:ブレインフードは新しい分野です。残念ながら現段階ではブレインフードの知識がそのまま職業になるような環境にはなっていません。ブレインフードマイスターの方々の創意工夫で、環境が変わっていくことを期待しています。

まだ歴史の浅いブレインフードの世界ですが、その意義や重要性は日に日に高まっています。ブレインフードを学んだ人がその知識をさまざまな仕事に活かせる時代は、すぐそこに来ています。

(参考)ブレインフードの未来

 

ブレインフード活動について

Q:食育総研はブレインフードに関して何をしているのですか?

A:ブレインフードの情報収集をしながら、ブレインフードマイスターの育成を行っています。

 

Q:なぜそのような活動をしているのですか?

A:人生100年時代と言われます。100年時代を有意義に生きるために、多くの人がブレインフードの知識を持つことが大切とわたしたちは考えています。ブレインフードマイスターは「ブレインフードの知識を伝える」役割を持った人たちです。ブレインフードマイスターの活躍を通じ、ブレインフードの知識を「人生100年時代の社会常識」として定着させることが、ブレインフードの活動目的です。

 

Q:いつからこの活動をしているのですか?

A:2014年から活動しています。