よくある質問

<目次>
  • 食育総研の理念や活動について
  • 食育イノベーター検定について
  • 検定プロデュースについて
  • 食育事業プロデュースについて
  • コラボレーションについて

 


食育総研の理念や活動について

Q:なぜ食育総研を立ち上げたのですか?

A:「①食育活動をもっと面白いものにしたい! ②食育活動を経済的に自立できるものにしたい」というのが食育総研の純粋な思いです。わたしたちはこれを「食育イノベーション」と呼んでいます。

 

Q:「食育イノベーション」とは何ですか?

A:「食育とは何か」を説明するところから始めるのが旧来の食育活動。その時代は過ぎ、現在では「食育」という言葉はすでに普及していると考えられます。食育の基本知識がある程度広まっていることを前提に、新しく面白い食育活動を生み出すことが「食育イノベーション」です。

 

Q:食育総研はどんな活動をしていますか?

A:多くの人に「食育イノベーション」の可能性に気づいてもらえるよう、啓蒙活動や講座、コンサルティングなどを行っています。

 

Q:どんな方々が講師やコンサルタントをしていますか?

A:食・栄養・農業・料理などの分野で造詣が深く、「食育活動をもっと面白いものにしたい!」という食育総研の思いに共感してくださっている方々に、講師・コンサルタント陣に加わっていただいています。


食育イノベーター検定について

⇒食育イノベーター検定はこちら

 

Q:どんな方が受けていますか?

A:食育イノベーター検定は、一般むけの内容になっていますが、食や食育に感心の高い方々の受験が多いようです。

 

Q:受験制限はありますか?

A:どなたでも受験できます。

 

Q:食育の知識がなくても受講できますか?

A:食育の知識があると有利かもしれませんが、食育イノベーター検定は食育を知らなくてもチャレンジできます。

 

Q:合格率はどのくらいでしょうか?

A:食育イノベーター検定は無料で繰り返し受験できるので、合格するまで楽しみながらチャレンジしてください。


検定プロデュースについて

⇒検定プロデュースはこちら

 

Q:検定プロデュースとは何ですか?

A:オリジナルのオンライン検定試験を作成するサービスです。

 

Q:なぜ今、オンライン検定試験なのですか?

A:(1) 技術が発達してオンライン検定試験を作りやすくなったこと、(2) 決まった時間に会場に人が集合して試験を受ける形式はだんだん少なくなり、オンラインで自由なタイミングで試験を受ける形式が今後は増える(好まれる)と予想されること、この2つが主な理由です。

 

Q:オリジナルの検定を作るときのポイントは何ですか?

A:検定を通じて何を伝えたいのかを明確にし、それがしっかり伝わるように作ることが大切です。ただのクイズで終わらせないようにしましょう。


食育事業プロデュースについて

⇒食育事業プロデュースはこちら

 

Q:食育事業プロデュースとは何ですか?

A:食育ビジネスの共同開発のことを指します。

 

Q:どのように行うのですか?

A:食育総研では、食育ビジネスを共同で進めるパートナーを募集しています。パートナーおよび食育総研がそれぞれのアイデアや経営資源を出しあい、コンサルティング方式、またはレベニューシェア方式で事業を進めます。


コラボレーションについて

⇒コラボレーションのページはこちら

 

Q:どのようなコラボレーションですか?

A:食育総研と他団体とで、検定試験などの企画や事業を共同開発することがあります。

 

Q:コラボレーションの実例を教えてください。

A:以下のような実例があります。

共同企画・共同事業名 コラボレーション先
ブレインフード検定  
プラントベース検定 監修:一社)植物性料理研究会
ファイトケミカル検定  
食育フードテック検定  

ブレインフードについて

Q:ブレインフードは世界でも注目されているのですか?

A:ブレインフードはとくに先進国で研究が進められています。たとえばアメリカではブレインフードの研究に国が予算を出していますし、認知症予防に有効な食事法が権威ある大学の研究により考案されています。またたとえばイギリスではノーベル賞受賞者がふだんどのような食事をしているかが調べられていますし、認知症予防効果があるとされる飲料が販売されています。

 

Q:どのような効果があるでしょうか。

A:ブレインフードは、

  • 脳の活性化
  • 記憶力・集中力向上
  • 心や感情の安定
  • メンタルヘルス
  • 脳の健康
  • 子どもの育脳
  • 認知症予防

などをもたらす「食べもの」や「食べかた」のことを指します。

 

(参考)

 

Q:頭は良くなりますか?

A:脳が活動するにはエネルギーや栄養素が必要で、その供給源は食事により摂取する食物です。

  • 食べ過ぎたり
  • 不適切な食品を摂取したり
  • 不適切な時間に食品を口にしたり

すれば、脳の働きは落ち、反対に、

  • 食事の量
  • 食事の内容
  • 食べる時間

などに適切な注意を払えば、脳の働きは向上すると考えられています。

 

Q:認知症には効きますか

A:ブレインフードは認知症予防に効果があると考えられており、研究が進められています。

 

Q:特別な食材は必要ですか?

A:ブレインフードの多くは、日常的に手に入りやすいもの(スーパーマーケットなどで普段から販売されているもの)です。

ただ、漫然と好きなものを好きなように食べればよいというものではありません。食材の選び方、食べるタイミング、調理のしかたなどを適切に配慮することが大切です。

 

Q:毎日遅くまで働いている夫をブレインフードの知識でサポートできますか?

A:ブレインフードについて学ぶことで、

  • 何を
  • どのようなタイミングで
  • どのような調理法で

食べるとよいかが分かります。この知識を、

  • ふだんの家庭での食事
  • 家族で外食するときのメニューの選択
  • お弁当作り

などに活かすことができます。

 

Q:ブレインフードの知識があると、健康経営の分野でも活躍できますか?

A:健康経営は「従業員の健康増進を会社がサポートすることで、従業員1人1人の健康と、職場全体の生産性向上を目指す」というものです。従業員の健康増進には「食事」「運動」「休息や睡眠」「メンタル」などさまざまな要素がありますが、ブレインフードはその中でも「食事」の領域で力を発揮します。

(参考)健康経営 x 食育


プラントベースについて

Q:プラントベースとは何ですか?

A:植物性の食材(※)から作られた食品や料理を指します。

 

Q:ベジタリアンやビーガンとは違うのですか?

A:ビーガンやベジタリアンは正確にはライフスタイルを表す言葉で、食品や食材を表す言葉ではありません。これに対し、プラントベースはライフスタイルではなく、食品や食材を表す言葉です。

 

(※)野菜、果物、豆類、穀類、種実類、キノコ類、海藻類など

 

Q:植物性料理研究家協会とはどのような協会ですか?

A:植物性料理(プラントベースフード)は、世界なトレンドになっています。このトレンドをトレンドとして終わらせず、奥深い食文化として定着・発展させ、人々が植物性料理(プラントベースフード)をあたりまえのように日々楽しむ社会を実現する目的で、活動している協会です。

 

⇒植物性料理研究家協会ウェブサイト


ファイトケミカルについて

Q:ファイトケミカルとは何ですか?

A:ファイトケミカル(※)とは、野菜や果物などの植物性の農産物が持つ「機能性成分」で、いわゆる5大栄養素(※※)には分類されないものを指します。ファイトケミカルは、植物が自分自身を紫外線などから守るために体内で作りだしているものですが、人間の健康にも役立つものが多いと考えられています。

(※)「フィトケミカル」と表示されることもあります。

(※※)5大栄養素:タンパク質、脂質、炭水化物、ビタミン、ミネラル

 

Q:ファイトケミカルにはどんなものがありますか?

A:ファイトケミカルは種類がたいへん多いのですが、比較的よく知られている代表的なものとしては、アントシアニン、イソフラボン、リコピン、キシリトールなどが挙げられます。


フードテックについて

Q:フードテックとは何ですか?

A:フードテックとは、Food(食)と Technology(テクノロジー)の Tech を組合せてできた造語です。「科学の知識や技術を食に応用する」という意味になります。

 

Q:フードテックにはどんなものがありますか?

A:IT技術から生まれた調理ロボット、料理レシピを創造するAI、医学・生物学・栄養学などを応用した食事法、バイオテクノロジーを使った植物肉(代替肉)・昆虫食・培養肉などがあります。